フルリモートワークの課題感

しばらくぶりのブログ。最近はというと転職し、5月から新しい会社で働いている。

新型コロナウィルスの影響もあって、IT企業はリモートワークが一般的になったとは思う。しかし新しい会社のユニークなところは、そもそもフルリモート勤務がOKなところだ。リモート勤務前提で、地方から参画しているメンバーもいる。(もちろん、希望すればオフィスに行ってもOK)

緊急事態宣言の影響もあって転職前の環境からリモートワークとなっていたが、実際にこの数ヶ月フルリモートワークをしてみて、いろいろ思うところはあった。いま感じている課題は以下のようなものだ。

  • 他チームとの連携の難しさ(特にリアルタイムコミュニケーションを必要としている職種との)
  • Slack を見ていると結局同期的なコミュニケーションになりがちで、自由な働き方にはほど遠い
  • うまく成果をあげられないメンバーをどうフォローするか
  • うまくいかずに悩んでいるメンバーが悩んでいる過程が見えにくい。「悩んでいます」と言える人はそもそも自分で解決する能力がある人。問題はそれが言えない人をどうフォローするか
  • 自身の成果が、会社や上司からどう見られているかがわかりにくい。会社はそれをどのようにわかりやすく評価するか
  • 属人化による悪影響が顕著に現れる
  • 属人化している業務があると、緊急を要する事態が起きたときにダメージが大きい
  • わかりやすいドキュメンテーションが命で、誰かに聞かないとわからない業務があると業務が滞りがち
  • ナレッジ的に属人化している業務は情報共有で解決するが、スキル的に属人化している業務はいまいるメンバーではどうにもならない。適切な人材を採用するかアウトソーシングするしかない(あ、これはリモートワークとは関係ないか)

ネガティブなことばかり書いてしまったが、良いことだってもちろんある。しかしまあ、通勤が必要ないとか、家族との時間が増えるとか、そういう一般的なことなのでわざわざここで書かなくていいかな。

ところで GitLab は会社の経営方針を Handbook として公開していて、スタートアップにとってとても参考になる。そのうち GitLab’s Guide to All-Remote はリモートワークチームにおけるスタンダードを示していると思ったので、以下に引用しておきたい。

  1. Hiring and working from all over the world instead of from a central location.
    一極集中ではなく、全世界から採用し働く

  2. Flexible working hours over set working hours.
    固定された業務時間より、フレックスタイム

  3. Writing down and recording knowledge over verbal explanations.
    口頭による説明より、書き起こされ、記録されたナレッジ

  4. Written down processes over on-the-job training.
    OJTより、書き起こされたプロセス

  5. Public sharing of information over need-to-know access.
    知る必要がある人にだけ与える情報共有より、公にする情報共有

  6. Opening up every document for editing by anyone over top-down control of documents.
    ドキュメントはトップダウンで管理するより、誰でも編集できるようにすべてのドキュメントを公開する

  7. Asynchronous communication over synchronous communication.
    同期的なコミュニケーションより、非同期的なコミュニケーション

  8. The results of work over the hours put in.
    使った時間より、仕事の成果

  9. Formal communication channels over informal communication channels.
    非公式なコミュニケーションチャネルより、公式なコミュニケーションチャネル

簡単には諦めずに改善を積み重ねて、うまく回せるようなチームを作っていきたい。

結婚のプロジェクトマネジメント

ここ一年ほどの出来事で自分のもっとも大きなニュースを取り上げるとしたら、結婚したことです。
去年の3月に入籍、12月に式と披露宴を挙げました。そして今年6月にはイタリアに新婚旅行に行ってひと段落したというところです。僕はお世辞にも社交的とは言えない人物なので、こんな自分と一緒にいてくれる人がいることに感謝していますし、率直に言って今、僕は幸せです。

ゼクシィをはじめとした結婚をテーマとしたメディアがありますが、そういったものを読めば読むほど奥が深いというか、きちんとやろうとすると大変なのだということを思い知らされます。ゼクシィも読んだのですが、本屋で目にした 『結婚の段取り&しきたりのすべてがわかる大事典』 なんて本も買って読んでみたりもしました。こんな本を買っておくと、それこそ「引出物はいくらくらいのものを買えばいいのか」とかそんな細かな疑問に対する答えがすぐ分かるので心強かったです。

2017年末にプロポーズしてからの一連の流れでしたが、ちょっとのんびりしすぎました。すべてのイベントをこなすのに一年半かかってしまった。
一つ一つのイベントがどうだったかということについて細かく書くつもりはありません。最大のイベントとしては結婚式・披露宴がありました。親族・近しい友人のみを招待した小規模なものでしたし、二次会も開催していません。もし二次会もやっていたらさらに大変になっていたはず…、と思うと、開催したという方は素直にすごいと思います。

さてさて、そんなことはさておき、結婚というイベントに対してITエンジニアという仕事人としてどう向き合ったか、という視点で書いていきたいと思います。

式場選び

大きな決断の一つに式場選びがありました。
奥さんの希望で和装婚にすることは決まっていましたので、まずそれが実現できる会場という前提はありました。ゼクシィを読んだり、友人・知人の話を聞いたりして情報収集し、最終的に3箇所の式場に下見(いわゆるブライダルフェアというもの)に行きました。

3つ目のフェアに参加した帰り、食事をしながらだったと思いますが、式場への評価を整理するためメモ帳に表を描き、奥さんに手渡して書き込んでもらいました。

会場決定のためのマトリックス図

列には 会場A, 会場B, 会場C を書き込み、行には評価項目を列挙し、それぞれ5点満点で点数を書き込んでいきます。評価項目は「会場(披露宴会場として魅力的か)」「式場(結婚式場として魅力的か)」「衣装」「料理」「コストパフォーマンス」「自由記入欄(自分で評価項目を自由に決定)」の全6項目で、30点満点。

もう一枚同じ表を描いて自分も評価を書き込んだ後、お互いに見せ合うと評価が高い会場が一致。もめずに結論が出ました。

タスク管理

すべてのタスクは Trello で管理しました。
以下のスクリーンショットではすでにタスクはすべて「完了」ボードに入ってしまっていますが…

Trelloボード

Trello は典型的なカンバンツールで、職場でも利用していて使い勝手を知っていたので採用しました。

使い方ですが、まずプライベートな専用のボードを作ります。
「計画」「進行中」「完了」の3つのリストを作って、計画段階ではゼクシィなどを見つつ、検討すべきタスクをすべて「計画」にカードとして書き込んでしまいます。必要かどうかは後で奥さんと相談。不要なら削除。進めるべきなら残し、わかる範囲で期限を書き込みます。
そして実際にタスクに着手したら「進行中」のリストにカードを移動。調査した情報や、相談した内容、打ち合わせで決まったことなど、カードの中にコメントでどんどん書いていきます。担当者とやりとりしたメールや、iPhoneで撮った写真なども、どんどん貼り付けて、関連する情報を集約します。

そして完了したものについては「完了」リストに移動します。
完了したものについてもカードを期日順に並べておくとか、情報としては後でまた参照しやすいようにしておいた方が良いです。

ところで、うちの奥さんはITには無頓着で、スマホは使えますが、PCは全く使うことができません。
Trello アプリを奥さんのスマホにインストールし、ユーザー登録を行ってボードに招待。カードの更新があったらメールで通知を受け取れるように設定し、少なくとも情報を読んでもらえるようにしました。つまりリードオンリーなメンバーとして Trello には参加してもらうことにしました。

招待客管理など

また、招待客などの管理には Google スプレッドシートを使用しました。以下のようなシートを作りました。

  • 招待客の個人情報一覧: 項目は親族カテゴリ、名前、新郎新婦との関係、郵便番号、住所、電話番号、出席可否、苦手な食べ物、備考。
  • 招待客と引出物一覧: 項目は親族カテゴリ、名前、新郎新婦との関係、メインの引出物とその金額、引菓子とその金額、縁起物とその金額、合計金額、席次表上の配布位置。
  • 招待客といただいたご祝儀の一覧: 項目は各個人情報、招待有無、出席有無、金額、商品名、お返しの品名、関連URL
  • 席次表: 会場が用意してくれた席次表。どの席にどの引出物を配置するかは引出物一覧と連携。
  • BGM一覧: シーン、アーティスト名、曲名、関連URL

これについてはそれ以上言うことはないのですが、一覧の管理にはやはりスプレッドシートは便利です。

プロフィールムービー

披露宴に利用する新郎新婦プロフィール紹介ムービーは、iMovie で自作しました。

iMovie Project

単なる画像のスライドショーなので、まあいけるだろう、という軽い気持ちで始めたもののこのタスクがもっともヘビーになってしまいました。 技術的に大したことはなかったのですが、写真の選定に多くの時間を使ってしまいました。

  • ムービーの尺・構成を検討する。新郎→新婦→両方、尺は約3分という構成に決まる
  • 実家に赴き、自分の幼年・青年時代のアルバムから写真を選定。奥さんにも同じく写真を選定してきてもらう
  • iMovie に写真を配置しつつ、キャプションをつけていく。写真が多すぎて全然3分の尺に収まらない…。写真を厳選し、尺を削る、とにかく削る

僕は自宅にプリンターもスキャナーも持っていないので、写真をデジタルデータに変換するためには、セブンイレブンのマルチコピー機を利用しました。USBメモリかスマホにデータを送信できるのでとても便利です。

決定した構成を決定した尺で実現するためにはどの程度の写真とキャプションが必要、ということを最初からよく話し合えていたら、こんなに苦労をしなくて済んだかもしれません。それを考えずたくさんの写真を持ち込んでいきあたりばったりに作業を開始してしまったがために、いたずらに時間を消費してしまいました。かなり反省…。

所感

結婚というイベントに際して全般的に言えることは、決断の連続だということです。その問題について、二人で一つ一つ答えを出していかなければいけません。
僕も奥さんもどちらかというとのんびりとしており、特に奥さんは優柔不断と言ってもいい性格なので、お互いの合意を取りつつ決断を続けていくということに地味に精神力を使いました。ただ、その中で二人の絆が深まったことも確かなので、それはそれでよかったのかな、と。

それと忘れてはいけないのはとてもお金がかかるということ。収支管理をしっかりとしないと、大赤字なんてことになりかねません。

いろいろ苦労はありましたが、ハイライトとも言える披露宴では「ゲストに楽しんでいただく」という気持ちを忘れずに取り組みました。笑顔が絶えない披露宴になったのでそれは達成できたかと思っています。

久しぶりの投稿になりましたが、この辺で。

30代半ばフロントエンドエンジニア、テクニカルディレクターの転職活動について

転職をした訳だが、想像以上に苦労したのでその旨、誰かの役に立つかもしれないと思って Web 上に記録しておきたい。

当方、Web 制作会社に9年間勤めたフロントエンドエンジニア兼テクニカルディレクターである。年齢は30代半ば。受託案件ではなく、自社サービスやプロダクトの開発がやりたくて転職を決意する。

2017年4月、退職を上司に宣言した上で転職活動を始めた。 6月に現職業務終了、7〜8月に有休消化して退職、8月中旬に新環境で就業、という予定を建てていた。

まずはエージェントなどに頼らず、自分自身の力で転職活動を経験してみたいと思ったので、求人サービスにプロフィール登録してみた。 結果的に Wantedlypaizapasonatechgreen を利用。

  • 実働の割合的にはほぼ Wantedly 経由でのスカウトや応募だった。実働は会社訪問6件、面接2件
  • paiza はサーバーサイドの仕事が多くほぼ自分とマッチしなかったが、実働は面接4件
  • green は最低限のプロフィールだけ登録して一晩置いたら、匿名スカウトが何通も届いていたのでうんざりして使うのをやめた。よって実働なし。ロクにプロフィールを書いてもいないのに、スカウトをよこす人事って一体…。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるという感じ?
  • pasonatech は10年前くらいに派遣社員をやっていたときにお世話になっていた派遣会社。サービス内の検索でヒットした求人に条件に合うものがほぼなかったので、応募はしなかった。よって実働なし

転職先の希望条件について

転職先について、以下のような希望があった。

事業面

  • 自社サービスやプロダクトを活発に運営している
  • 会社が目指すべき明瞭なビジョンがある
  • 新規事業に対して積極的
  • 娯楽事業(ゲーム、映画、音楽、ギャンブルなど)とマッチング事業は、やりがいを感じられそうにないので避けたい
  • デザイナーが社内にいる
  • 極力制作を外注に出さない
  • 正社員が30人以上いる

文化・生活面

  • スーツで出勤しなくていい
  • できれば朝早く出勤しなくていい
  • できればオフィスがダサくない
  • できればパーティーとか社員旅行とか煩わしいイベントが多くない

待遇面

  • 年収が現在より下がらない
  • 一般的な福利厚生がある

活動概況

Wantedly、paiza、green ではプロフィール登録すると、すぐに何件かスカウトメッセージをもらった。まずまずの手応えを感じつつ会社訪問に行く。

正直、転職先のイメージなんて曖昧なものでしかなかった。何せ9年間、同じ会社に勤めていたのだから。軽く浦島太郎のような感覚であった。 実際にそのような会社に訪れ、担当の方と何人もお話をすることによって、どんどんと外界の様子が分かってきて、自分のしたいこと、したくないこと、企業の求めることが明確になっていくのを感じた。履歴書や職務経歴書などのレジュメも、そのフィードバックにより徐々に改善した…はずだと思う。

マッチングの難しさ

スカウトされたので面接に行くがマッチングしない、もしくは落選となる、ということはよくあった。(期待外れの人材でどうもすいません…)

マッチングしない原因としては以下のようなことが考えられた。

  • 活動初期は自分の求める転職先のイメージが不明瞭であったが故、希望する事業内容と異なった企業にも話を聞きに行ってしまっていた
  • 期待されるポジションが自分の希望する内容ではなかったので、違うポジションを希望したが聞き入れられなかった
  • 担当者と明らかにウマが合わなかった(高圧的な担当者だった)
  • 企業側が期待するスキルと、僕のスキルセットが違っていた。なのになぜかスカウトされているという状況
  • 企業側の想定年収と、こちらの希望年収が合わない。

面接落選となるケースの原因はというと。

  • 登録プロフィールが不十分だった?(実際にお会いすると魅力を感じてもらえなかった様子)
  • 活動初期は面接の要領が悪く、自己 PR が上手くできていなかった。スカウトされているが故、「選考されている立場」を自分がよく理解していなかった
  • 技術試験に落選した(スキルセットのミスマッチ)

ちなみに、こちらからお断りしたケースは以下のようなものがある。

  • 求人サービスの説明に書いてあることと、実態が異なっていた
  • 担当者が不誠実だった(当日約束の時間に現れなかった)
  • 実際に話を聞いてみると、事業内容がとても不安定に感じられた

年収については年齢や人生のフェーズとも関連している。例えば今の僕が新卒社員並みの年収で働けるかというと、答えはもちろんNOだ。これは期待されるスキルや職務内容とももちろん絡み合っていて「その年収を希望するなら(その年齢なら)これくらいはスキルがないと」ということになる。

こういったミスマッチが生まれる原因の根本にはもちろん自分の至らなさがあるが、それを前提として別の原因の一つとして、採用担当者がプロフィールをよく見てくれていない、と感じることが多数あった。

求人サービス側で気軽にスカウトができるシステムになっているので仕方がない面もあるが、スカウトするからにはそれなりに責任を持ってしてほしいと思った次第。また paiza では、スカウトを辞退しても、また同じ会社からスカウトが届くことが何回かあった。辞退された人に再び送れるようになっているシステムも問題かと思った。

paiza ではサービス上でスキルチェック問題を解くことによって自分のランクが決定し、そのランクに合わせて企業からスカウトしてもらえる、という仕組み。僕はフロントエンドエンジニアなので Node.js で全ての問題を解いていた。だが、スカウトされる案件がほぼ PHP でのスカウトだった。確かに PHP の経験年数は登録しているけど…。それがウリじゃない、というところで勝負しなければならなかったという、なんというか不幸。

今時のWebサービスでは Node.js って需要なさそう、と思ってしまった。ちなみに求人の件数は Ruby on Rails エンジニアが一番という印象。猫も杓子も Ruby on Raild。ウーム…。

マッチングの話とはあまり関係ないが、スカウト後の面接で結果が出るまで1ヶ月くらい待たされて、結果は落選、というケースがあった。自分勝手で失礼な企業だと思った。すいません、これは愚痴だな。

技術試験について

数社では技術試験が課されたが、その内容の難しさに心を折られそうになる。 本当に優秀な人しか取りたくないのだ。企業側も真剣である。

ある1社のものは特定の日時にメールで課題が送られてきて、3時間後までに回答を返信せよ、というものだった。 論述問題を3問と、プログラミング問題2〜3問。ほぼサーバーサイドエンジニア向けの問題で、自分に馴染みのないものだったが…、技術問題は Node.js でどうにか回答。 案の定、力不足でこれは落選となった。

別のある1社のものはフレームワークごとプロジェクトファイルと SQL データが送られてきて、これこれこういうビジネスロジックを構築せよ、というものだった。 回答期限は一週間後くらいだったので、週末を使って問題を解く。自分がある程度知っている PHP フレームワークだったので、回答することはできたが…。SQL に明るくないという自分の弱点が浮き彫りになり、これも落選。 こちらの会社では落選の通知の際に、ダメなポイントを全てコメントして教えてくれた。なんと誠実な採点担当者だろうか。ありがとうございました。

それにしても「試験に落ちる」のはやっぱり凹むのである。

とはいえ自分の弱点が端的に理解できるし、企業が求めている人材は「こういうことができる人」ということもダイレクトに理解できた。なんとも学びの多い経験であった。


あとがき

結果的に求人サービスとは違った繋がりでご縁があり、転職先は決まった。(前のエントリーでご報告した通り

なぜここまで苦労する必要があったのか、とも思う。エージェントに相談に乗ってもらったり、知人のツテを頼るなど、他にいくらでもやり方はあったはず。

おそらく自分は転職という人生の転機を他人に委ねるのではなく、「自分にできること十分にやる、やった」という納得感が欲しかったのだろうと思う。また、転職活動を進めていくうちに、どんどん慣れて上手になっていくというか、自分が上達していくことが楽しさを感じていたということもある。面接にしても、レジュメ制作にしても、やればやるほど上手くできるようになる。

ただ、結果が出るかどうかはまた別の話であった。どんなに面接が上手くできても技術試験で落ちたり、事業内容が自分の希望と違ったり…、と色々あった。

転職とは最終的にはその企業や担当者とのご縁であると、そう締めくくりたい。

転職しました

2017年8月10日付けで株式会社ラナデザインアソシエイツを退職し、株式会社FIXERに入社します。


実際には最終出社日が6月末で、一ヶ月余りは有休消化期間を過ごしたことになる。
社会人になってこの方、これだけの長期休暇を過ごすのは初めて。

のんびり…というわけでもなく、ちまちまとやりたいことをやっていたら一ヶ月なんてアッという間に過ぎていった。同居人がいつも通り仕事をしていたこともあって、生活リズムが乱れることもなかった。

普段なら後回しにしてしまうようなこと、例えば大きい買い物をしたり。パソコンとか家具とか沖縄への旅行とか…ここ一ヶ月、散財したなあ。

MacBook Pro 2017

7月初頭には石垣島へ旅行に行ってきた。(冒頭の写真も石垣島にて撮影)
沖縄を訪れるのは初体験!
離島巡りをして、竹富島、西表島も訪れることができた。

Taketomi Island

天気は大変良かったし、まだ学生の夏休み期間でもなかったので混んでいるわけでもなく、快適な旅行だった。 しかしともかくも暑くてバテたし、日焼けもした。観光ガイドさん曰く、紫外線は本土の何倍もあるのだとか。果たして本当(ほんど)かな?なんつって…


閑話休題。

転職の背景

サービスやプロダクトのチーム開発をやりたい、というのが端的な理由。特に受託案件ではなく、自社サービスの開発がやりたくなったから。

前職の在職期間は約9年。そのうち5年は RANAGRAM というチームに在籍していた。意思さえあればいくらでも挑戦ができる環境であったが、その想いをうまく形にすることはできなかった。自分の力不足であったと思う。

足りなかったのはアイディアなのか、技術力なのか、情熱なのか、行動力なのか、何だかわからないが、「自分はそこまでクリエイティブな人間ではない」と理解しておくことにしたい。ただ、自分の力を過大評価していたことは間違いない。今思えば、もがかずに早めに見切りをつけて、うまく泳げる環境に移ってもよかったのかも。

前職の最後の一年程はWebディレクターとしても活動しており、「社内一人制作会社」を目指して仕事をしていた。グラフィックデザインこそ専門外だが、お客さんに会って要件定義するところから実装して成果物を納めるところまで一貫して関わっていたので、ピンでやっている感覚が強かったかもしれない。本当は独立してフリーになることを考えていたのだが、「この状態はフリーとあまり変わらないのでは?」と思ってもいた。

そんな中、ピンで仕事をすることがふと寂しくなった、ということもあってフリーにはならずに会社を移ることにした。「チームで働きたい」という想いがあった。

株式会社FIXERに入社を決めたのは、もともとの知人である関係者にタイミングよく、直接声をかけていただいたため。

転職活動がうまくいかず、行き詰まりかけていたとき、たまたま「こういう案件があるので仕事を頼みたい」とお声かけいただいたのだが、「実は退職することになっているのでお受けできそうにありません」とお返事したら、「だったらウチで仕事しないか」ということになりトントン拍子に入社が決まった。

主にクラウドプラットフォームのベンダーをしている会社で(例えばこんなことをしている)、自社サービスの開発も精力的に行っている。フロントエンドにはあまり強くないとのことで、しばらく孤軍奮闘することになる予感…、ではあるが裏を返せばそれだけやりがいのある職場となるだろう。

そんなことがあって、「求めるより求められる」方が人間幸せだよなあ…としみじみ感じる今日この頃である。

P.S.
転職活動については、他人の参考になればこれ幸い…と思って別のエントリーとしてまとめる予定。 → 書きました。(2017年8月12日追記)

書類をスキャンして捨てる

今日は有給休暇で会社を休んだ。自宅の設備点検があったためなのだが、一人暮らしでは自分が対応するしかないので仕方ない。

持て余した時間で、Amazonなどの買い物明細をスキャンしてシュレッダーにかけて捨てた。しばしば休みの日にこういうことをするのが習慣になっている。

shredded documents

ここ数年で手に入れたものの中で最も “Life Changing” なものは何か、と言われたら ScanSnap を挙げたい。 紙の書類は捨てなければ溜まる一方だが、それを捨てられるようになったのはこれのおかげだ。スキャンしたら、そのまま Evernote に送る。この辺はどっかのライフハック系の本に書いてあったことの受け売りだ。それを真に受けてやってみたら、とても良かったという話である。

書類をただ捨てるという行為は小心者の僕にとっては大胆すぎる。ここにある情報がいつか必要になるんじゃないか、という意識に囚われているからだ。スキャンしてデジタルデータにすれば後から見返すことができるのでそんな躊躇もなく捨てられる、という寸法だ。

ScanSnap とシュレッダーを買ってからというもの、ありとあらゆる書類をスキャンして捨てた。光熱費やクレジットカードや携帯電話の明細書、レシートや領収書の類、家電等の説明書、保証期間の切れた保証書、過去に住んでいた物件の関連書類、昔の日記、プリクラ、旅行の記録、手紙などなど。 多分見返すことのないもの、しかし捨てるには躊躇してしまうものを捨てることができた。 部屋が片付くのはもちろん、なんだか気持ちが軽くなる。

もちろんいいことばかりではない。ScanSnap は紙送りの性能がしょぼく、紙を重ねて置くと2枚以上いっぺんに吸い込まれたり、紙詰まりしたりする。1枚でも、厚かったり折り目があったりすると斜めに吸い込まれたりして手に負えない。なのでスキャンするときは手を添えて、真っ直ぐスキャンされるようにサポートしている。コンパクトボディなので仕方がないところもあるのか…と思いつつそこは割り切って使っている。 (今では進化したモデルがあるよね…と思ったら3年経った今もモデルチェンジしていなかった)。

シュレッダーはコクヨ S-tray KPS-X30W という商品を使っている。性能は…とにかくパワー不足で、紙を数枚も入れると満足に裁断されない。コンパクトさが仇になって投入口が小さいためA4の書類などは折って入れるしかなく、折った分だけ厚みが増してパワー不足の壁にぶつかり…と負のスパイラルになる。しかも連続使用するとオーバーヒートして動作しなくなるというおまけ付き。騙し騙し使っているというようなシロモノ。こう書くといいところがないが、インテリアとして目にうるさくない見た目だし、やはりコンパクトだということは正義。毎日使うものでもないので、それなりに使えればよいということにしている。

安くない買い物だったが、もう元を取る以上に役に立ったのでブログに書いておこうと思った。書類をスキャンして捨てるのはおすすめ!