MacBook Pro (13-inch) を購入

自宅では長らく MacBook Air (13-inch, Mid 2011) を使用してきたのだけれど、かなりくたびれていて作業するに耐えない状態なので新しい Mac を買うことにした。 購入したのは以下のスペックの MacBook Pro (13-inch)

  • Touch Bar なし
  • 第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • Intel Iris Plus Graphics 640
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • バックライトキーボード – 英語(US)

本当は旧世代の整備済み製品を買おうとしていたのだけど、US キーボードの製品をほとんど見かけなかったので、諦めて新品を買うことにしたのだ。会社で使っていたマシンが US キーボードだったので、もう US 配列しか手が受け付けなくなってしまったので…。

スペックをカスタマイズすると受注生産になるらしく、配送予定日が遅くなるようだ。(出荷まで2〜3営業日、配送に2〜3日はかかった)なお、今回は上海からの配送になっていた。

早速設定していく。 電源を入れてウィザードに従って設定を進める。以下は一部抜粋。

  • FileVault は ON
  • iCloud アカウントを利用したログインパスワードの変更は可。同じく FileVault のロック解除に iCloud アカウントを使用

OSが起動したらば、まず「設定 > キーボード」でキーボード周りの設定を自分好みにする。

  • 「キーボード > キーのリピート」 → 最速に
  • 「キーボード > リピート入力認識までの時間」→ 一番短く
  • 「キーボード 」 → 「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェック
  • 「キーボード > 修飾キー」→ Caps Lock と Control を入れ替え
  • 「ショートカット > フルキーボードアクセス」 → 「すべてのコントロール」にチェック
  • 「ショートカット > Mission Control > 通知センターを表示」 → 「Shift + Control + →」に設定
  • 「ショートカット > 入力ソース > 前の入力ソースを選択」 → 「Command + Space」に設定
  • 「ショートカット > 入力ソース > 次の入力ソースを選択」 → チェックを外す
  • 「ショートカット > Spotlight > Spotlight検索を表示」 → 「Option + Command + Space」に設定
  • 「入力ソース > 日本語」 → 「ひらがな」と「英字」だけ残してチェックを外す
  • 「入力ソース > “/“で入力する文字」 → 「/(スラッシュ)」
  • 「入力ソース > “¥”で入力する文字」 → 「\(バックスラッシュ)」

「設定 > セキュリティーとプライバシー > ファイアウォール」 → 「ファイアウォールを入にする」

「設定 > Dock」では「Dockを自動的に隠す/表示」にチェックを入れる。

「設定 > 共有」では「コンピューター名」を見られても恥ずかしくない名前にしておく。

「設定 > ユーザーとグループ」では「変更するにはカギをクリック」した後、左サイドバーに表示されているユーザーを副ボタンクリックし「詳細オプション」を選択すると、アカウント名などを変更することができる。初回起動時のウィザードで設定したものをやっぱり修正したくなったらここで直す。

ソフトウェアのインストール

以下は App Store からインストール

  • Keynote
  • Pages
  • Xcode
  • Byword
  • Transmit
  • Popclip
  • Pixelmator
  • Logic Pro
  • WinArchiver Lite

Xcode 設定

  • 起動すると License Agreement が表示されるので「Agree」をクリックするとコンポーネント(Command Line Tools など?)がインストールされる

Alfred 設定

  • 「General」 → Launch After at Login」にチェック
  • 「General > Alfred Hotkey」 → 「Control + Shift + Space」
  • 「Features > Dictionary > Define a word」 → 「d」

以下は要 Powerpack

  • 「Features > Clipboard > Clipboard History 」 → 「Keep Plain Text」にチェック
  • 「Features > Clipboard > Viewer Hotkey 」 → 「Control + Shift + Command + Space」

iTerm2 設定

  • 「Profiles > Default > Window > Columns」 → 100
  • 「Profiles > Default > Window > Rows」 → 50
  • 「Profiles > Default > Window > Transparency」 → Transparent 側に10%くらい動かす

Git 設定

$ git config --global user.name "Naoki Sekiguchi"
$ git config --global user.email web@likealunatic.jp
$ git config --global alias.st status
$ git config --global alias.co checkout
$ git config --global alias.ci commit

GitHub と SSH 通信できるようにする。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C “web@likealunatic.jp”
Enter file in which to save the key (/Users/naokis/.ssh/id_rsa): [空のまま Enter]
Enter passphrase (empty for no passphrase): [空のまま Enter]
Enter same passphrase again: [空のまま Enter]
$ pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

クリップボードに公開鍵の中身がコピーされた状態になるので、GitHub にアクセスして「Settings > SSH and GPG keys > New SSH key」と進んで内容をペーストし「Add SSH key」をクリック。

接続をチェック。

$ ssh -T git@github.com

Vim, Bash 設定

自分用の dotfiles レポジトリからごっそり設定を落とす。

$ git clone git@github.com:seckie/dotfiles.git ~/dotfiles
$ ln -s ~/dotfiles/.vim ~/.vim
$ ln -s ~/dotfiles/.vimrc ~/.vimrc
$ ln -s ~/dotfiles/.gvimrc ~/.gvimrc
$ ln -s ~/dotfiles/.gitignore ~/.gitignore
$ ln -s ~/dotfiles/.bash_profile ~/.bash_profile

Vim プラグインを入れる

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
$ sh ./installer.sh ~/dotfiles/.vim/dein

Vim を起動して以下を実行

:call dein#install()

フォントに VL ゴシック を利用したいので、それもインストールしておく。

その他 CLI でインストールするもの

Node.js は Nodebrew からインストールする。 とりあえず最新版を入れておく。

$ nodebrew ls-remote
$ nodebrew install-binary v8.1.4
$ nodebrew use v8.1.4

初期設定は以上。あとは随時必要に応じて運用していく。

SketchLogic Pro X を購入したいところだが、タイミングを失っている状態。さてどうしようか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*
*