書類をスキャンして捨てる

今日は有給休暇で会社を休んだ。自宅の設備点検があったためなのだが、一人暮らしでは自分が対応するしかないので仕方ない。

持て余した時間で、Amazonなどの買い物明細をスキャンしてシュレッダーにかけて捨てた。しばしば休みの日にこういうことをするのが習慣になっている。

shredded documents

ここ数年で手に入れたものの中で最も “Life Changing” なものは何か、と言われたら ScanSnap を挙げたい。 紙の書類は捨てなければ溜まる一方だが、それを捨てられるようになったのはこれのおかげだ。スキャンしたら、そのまま Evernote に送る。この辺はどっかのライフハック系の本に書いてあったことの受け売りだ。それを真に受けてやってみたら、とても良かったという話である。

書類をただ捨てるという行為は小心者の僕にとっては大胆すぎる。ここにある情報がいつか必要になるんじゃないか、という意識に囚われているからだ。スキャンしてデジタルデータにすれば後から見返すことができるのでそんな躊躇もなく捨てられる、という寸法だ。

ScanSnap とシュレッダーを買ってからというもの、ありとあらゆる書類をスキャンして捨てた。光熱費やクレジットカードや携帯電話の明細書、レシートや領収書の類、家電等の説明書、保証期間の切れた保証書、過去に住んでいた物件の関連書類、昔の日記、プリクラ、旅行の記録、手紙などなど。 多分見返すことのないもの、しかし捨てるには躊躇してしまうものを捨てることができた。 部屋が片付くのはもちろん、なんだか気持ちが軽くなる。

もちろんいいことばかりではない。ScanSnap は紙送りの性能がしょぼく、紙を重ねて置くと2枚以上いっぺんに吸い込まれたり、紙詰まりしたりする。1枚でも、厚かったり折り目があったりすると斜めに吸い込まれたりして手に負えない。なのでスキャンするときは手を添えて、真っ直ぐスキャンされるようにサポートしている。コンパクトボディなので仕方がないところもあるのか…と思いつつそこは割り切って使っている。 (今では進化したモデルがあるよね…と思ったら3年経った今もモデルチェンジしていなかった)。

シュレッダーはコクヨ S-tray KPS-X30W という商品を使っている。性能は…とにかくパワー不足で、紙を数枚も入れると満足に裁断されない。コンパクトさが仇になって投入口が小さいためA4の書類などは折って入れるしかなく、折った分だけ厚みが増してパワー不足の壁にぶつかり…と負のスパイラルになる。しかも連続使用するとオーバーヒートして動作しなくなるというおまけ付き。騙し騙し使っているというようなシロモノ。こう書くといいところがないが、インテリアとして目にうるさくない見た目だし、やはりコンパクトだということは正義。毎日使うものでもないので、それなりに使えればよいということにしている。

安くない買い物だったが、もう元を取る以上に役に立ったのでブログに書いておこうと思った。書類をスキャンして捨てるのはおすすめ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *