MTのオペレーションに使うブラウザ:GoogleChrome2→1へのダウングレード

メインブラウザはFirefox3なのですが、拡張機能をそれなりに入れているのでパフォーマンスは高いとは言えず・・・。MTのオペレーションには表示が速いGoogleChromeを愛用しています。

ところがこのGoogleChrome、2にバージョンアップしてから、オペレーション中によくクラッシュするようになってしまいました。少なくとも私の環境では。
発生条件はよく分かりませんが()、ページ遷移をきっかけにハングアップするらしく、こうなると、CPU使用率がグングンあがった状態で一切操作を受け付けなくなります。騙し騙し使っていたのですがもう我慢できなくなり、ダウングレードを決意しました。(他のブラウザを使えばいい話かもしれませんが、Chrome1の環境があまりに快適だったので・・・。)

とは言えひどいことに、Googleでは過去のバージョンを配布するページがありません。調べてみると、以下の記事にたどり着きました。

Google Chrome バージョン2 アンインストール – 左脳Script

あー、やはり同じような悩みがある人が、いるのですね。どうやら、FileHippo.comにてアーカイブが配布されているようです

Chrome2をアンインストールして、Chrome1をインストールすると、元の快適な環境に戻りました。めでたしめでたし。

ちなみに、左脳Scriptさんでご報告されているように、Chromeをアンインストールした後に以下のような画面がポップアップしてきて、なんでアンインストールしたのかアンケートを入力するように促してきます。入力は任意のようです。

Chromeをアンインストールした後に表示されるアンケートフォーム

最後に・・・。
最新版じゃないブラウザを使うということはセキュリティホールも開いてるはずなので、普通のネットサーフィン用途には使わない方が良いです。あくまで特定の用途で使う、という割り切りが必要かと思います。
って誰に言ってるんでしょうね私は(笑)

※もしかしたら職場PCのスペックがショボいことが原因の一つかもしれません。自宅のCore2 Duoマシンではハングアップしたことがないので。

リダイレクト手法まとめ

サイト内でページを移設するとか、拡張子を変更するとか(html→php など)、ドメインを変えるとかいったことになると、旧URLから新URLへのリダイレクトをするケースがあります。リダイレクトが必要とされるのは、旧URLを参照するユーザーに不便をかけないためだけではなく、検索エンジンのロボットにURL変更を通知するためという側面もあります。

ここでは3つのリダイレクトの方法を取り上げてまとめてみました。

  • (1)301リダイレクトと呼ばれる方法で、.httaccessを使うなどして行うもの。
  • (2)HTML<meta http-equiv="Refresh" ...>を使う方法
  • (3)JavaScriptのlocation.href、またはlocation.replace()を使う方法

(1)はサーバー側に.htaccessを設置する方法です。具体的なコードは以下のようになります。

Redirect permanent /index.html http://likealunatic.jp/index.php
Redirect permanent /about.html http://likealunatic.jp/about.php

これで/index.htmlにアクセスしようとした人は/index.php にリダイレクトされるようになります。/about.htmlについても同様。この例は実際に当サイトで使っているもので、ファイルの拡張子をhtmlからphpに変更した際のものです。このようにリダイレクトしたい分だけずらずらと行を増やしていけばOK。
Googleでも Yahoo!でもはこの方法が推奨されています。

(2)HTMLファイルのヘッダーに直接書き込む方法です。head要素内に下記のようなコードを書けば良いだけです。簡単。

<meta http-equiv="Refresh" content="0; URL=/index.php">

この例は /index.php に0秒後にリダイレクトする、ということになります。
ただし当然ながらこの手法は古いURLにリダイレクト用のHTMLを残しておかねばならないことになります。

また、この方法はGoogleでは推奨されていないようです。しかしYahoo!においては正当な手法としてきちんと言及されています。
この方法でリダイレクトした場合、ブラウザによってはリダイレクト用のページが履歴に残ってしまい、「戻る」ボタンを押した時の挙動がおかしくなる場合があります(「戻る」を押しても再度リダイレクトされてしまい、戻れない)。検証不足により「どのブラウザがこうなる」とは具体的に言えませんが、少し試した限りではIE7やOpera9はこの挙動になってしまうようです。
これについては似たようなことを実験しているページを発見したのでリンクを張っておきます……リファラ実験

(3)はJavaScriptを使ってリダイレクトです。ただしlocation.hrefを使うと"「戻る」ボタンで戻れない問題"が発生しますので、履歴の残らないlocation.replace()の方がいいです(こちらでは戻れる)。こちらの手法も古いURLにリダイレクト用のHTMLファイルを置いておかねばならないという点で、(1)に劣ります。
また、GoogleではJavaScriptによるリンクをクロールできないことを明示しています。

Googlebot は JavaScript を含んでいるページもインデックスに登録しますが、JavaScript そのものに含まれているリンクをたどったりインデックスに登録することはできません。

よってこのJavaScriptによるリダイレクトを使用する場合には、(2)のmeta要素による手法と併用したり、noscript要素で代替コンテンツを記述しておく必要があります。

以上3つの手法においてはダントツで(1)の301リダイレクトが優秀であるのは言うまでもありません。しかし、何らかの理由によりサーバーに手を入れることができない場合、(2)(3)を併用するのがベストな手法でしょう。

具体的には、下記のようなコードが良いのではないかと思います。(XHTML1.0 Strictの場合)

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<title>Like@Lunatic トップページへ</title>
<script type="text/javascript">
location.replace('http://likealunatic.jp/');
</script>
<meta http-equiv="Refresh" content="0; URL=http://likealunatic.jp/" />
</head>
<body>
<noscript>
<p><a href="http://likealunatic.jp/">Like@Lunatic トップページへ</a></p>
</noscript>
</body>
</html>

ちなみにa要素によるリンクはnoscript要素で囲わなくても良いですが、リダイレクトが実行される前に一瞬だけリンクが見えてしまいますのでご注意を……。

英辞郎 on the WebをGoogleツールバー for Firefoxから使う

記事内容を削除しました – 2007年11月10日(土)

表題の内容は英辞郎 on the Webの利用規約に違反するものであったため、削除させていただきました。

下記のコードだけ、残しておくことにします。自己責任でご利用ください。

<search charset="UTF-8">http://eow.alc.co.jp/{query}/UTF-8/?q={query}</search>