久しぶりにギターレッスンを受講

卒業した音楽学校のギターレッスンに久しぶりに顔を出した。師は、いつでもレッスンに遊びに来てよいと言ってくれる心の広い人。

思えば、僕は自称音楽好きでギタリストでっていう領域に収まっていればよかったんだと思う。自己満足の、オナニーの世界にいればよかったのかもしれない。

しかしとある音楽学校に飛び込んで師に出会い、同じく音楽を志す若人達に出会い、本気で音楽を志す人間達は自分よりもはるかに必死に、深く音楽に興味を持って接し、研究し、愛しているかを知った。自分の中途半端さを恥じると共に、もっと音楽を愛したい、詳しくなりたい、プレイしたいという欲求を強めた。

そんな気持ちを、かつてのようなレッスンを受けるとまた思い出す。

その道を志すならなるべく高い志を持つ人間に触れた方が良い。そういう意味で僕は本当に良い師を持ったと思う。

いまでもレッスンに遊びに来てくれと彼は言ってくれる。その言葉に甘えて僕はまたレッスンを受けに行きたいと思う。 しかし恥ずかしながら何年経っても僕のギターの上達度合いはたかが知れている。 なんせそれを「仕事にしよう」としている若人とは必死さが違う。

しかしそれでもいい。僕は僕のペースで前に進む。それだけのことだ。 ギターも音楽も好きだから、それを止めるという選択肢は今のところない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *