hideのドキュメンタリー映画を観てきた

JUNK STORYというhideのドキュメンタリー映画を観てきた。

インタビューに登場するミュージシャンの面々がことごとくおじさんになっていてそれだけの年月が経っていることを再認識したりとか、単純に曲聴いて懐かしい気持ちとか、俺そんな熱烈なhideファンじゃねーし、この歳になって若き日のロックスターの映像を嬉々として観てるわけじゃねーし、という少し恥ずかしい気持ちとか、そんな気持ちがごちゃ混ぜになってなんとも言えないモヤモヤとした気持ちになった。

昨年発売された「子ギャル」をもって彼が遺した曲は発表し切ったのだという。もう終わらせてもいいんじゃないですか。彼を表舞台に立たせるのは。もう休ませてあげても、いいんじゃないですかね。 彼の残したものはもう彼なしでも輝けていると思いますよ。

そんな気持ちになるって分かっていながら観に行ってしまった。そんな作品。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *